IMG_2547_edited_edited.jpg

日本人なので

日本の曲

 弾いてます。

ピアニスト杉浦菜々子
オフィシャルホームページ

 

日本人作品に魅了されています。

 日本人作曲家によるピアノ曲の演奏と研究をしています。 

 2018年には、CD山田耕筰ピアノ作品集をリリースし、「レコード芸術」誌の【特撰版】に選出されました。これまで未収録だった作品を取り上げるとともに、一次資料にあたり、各出版譜と精査した校訂報告を載せたブックレットは、その資料的価値も高い、と評されました。黎明期から戦前、そして戦後から現代に至るまでの日本人作品にロマンを感じるのは、スタイルは多種多様であっても、そこに風土や文化、そして脈々と受け継がれる私自身や身近な人々の祖先の息吹が感じ取れるからかもしれません。そこには、知識として知っている歴史が、音楽の力を借りて現在に蘇る感動があります。私の活動は、そのような先人たちの素晴らしい遺産を埋もれさせずに光を当てたい、という気持ちと感動が原動力になっています。未出版作品を出版するプロジェクトに参加したり、出版社の日本人作曲家の出版にあたりスタッフとして協力させていただいたりしています。

 演奏のほうでは、ピティナのご協力をいただき、演奏動画を多数配信しています。動画配信では、上級者向けの作品だけでなく、ピアノ教育現場で日本人作品を学習し、演奏する子供たちが増えることを願い、こどものための作品集も多く取り上げています。これは、子供たちのステージを多く見る中で、日本人作品を演奏する方々が、まだまだ少ないと感じるからです。未来に繋がる子供たちが、自国のものを身近に愛し、芸術文化が発展する未来であってほしいと願います。

 また、現代の作曲家の作品では、新曲の初演や、委嘱も積極的に行っています。今生きる自分が、今生きる作曲家の作品を演奏し、今生きる聴衆と共有できる、奇跡的な時間は宝です。

Untitled
 
 

Concert Information

🎶2022年6月25日(土)スタジオ・ベルソー(茅ヶ崎)

「近藤浩平楽壇参入20周年記念 近藤フェスティバル2022」

 山の作曲家近藤浩平の楽壇参入20周年を記念して縁のある演奏家が送るオール近藤浩平プログラム

国内外で作品が演奏され、プロとアマの垣根を越えて作品が愛奏されている山の作曲家・近藤浩平。本フェスティバルは映画『にしきたショパン』のテーマ曲であり、今日世界中で再演され続けている代表作〈海辺の雪〉から、最新作〈チェロソナタ〉、さらには彼が開催地茅ケ崎のために書き下ろした〈茅ケ崎のミヨー〉など、近藤作品を愛奏する演奏家たちが茅ケ崎に集結してお届けするスペシャルイベントです。当日はトークセッションや懇親会も予定しており、どなたでもご参加頂けます。

 出演(予定):清水友美・萩生哲郎・佐藤浩紀・杉浦菜々子(ピアノ)、

        坂場圭介(ギター)、北條立記(チェロ)、佐田奏生(尺八) 

主催:湘南クラシック音楽を愛する会 代表 藤本辰也  090-3695-5450、shonan.classic@gmail.com

http://www.shonanclassic.com/2022/03/2022625.html

🎶2022年08月27日(土) 13:30 開演

南小岩バッハザール (総武線小岩駅より徒歩5分)

杉浦菜々子ピアノリサイタル「悲愴への道」

●「悲愴ソナタ」とベートーヴェンに多大な影響を与えたハイドン、C.P.E.バッハのソナタと組み合わせ、また、大バッハのリュート組曲BWV.996やギターの名曲であるソルの幻想曲のピアノトランスクリプションも紹介。古典的な様式美と内的な激情との緊張という一貫性の中から不朽の名作「悲愴ソナタ」に新たな光を当てる。

スカルラッティ:ソナタ ホ短調 K198,L22
J.S.バッハ:組曲 イ短調(原調ホ短調)BWV996
C.P.Eバッハ:ビュルテンベルクソナタ第3番 Wq.49-3
ソル〜山中哲人編曲:第7幻想曲 Op.30
       〜〜〜
フローベルガー:ブランクロシュ氏の墓
ハイドン:ピアノ・ソナタ 第33番ハ短調 Hob.XVI:20
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」ハ短調 Op.13

お申し込み

https://teket.jp/3078/12799

 

お問い合わせ

お問い合わせ・演奏のご依頼はお気軽にご連絡ください。

送信が完了しました。